/

トヨタ、17年に会話ロボット発売 「成長」実感型

シーテックでは消費者に身近な家庭用ロボットが相次ぎ登場する。トヨタ自動車は3日、人と簡単なコミュニケーションができるロボット「キロボミニ」を2017年に発売すると発表した。過去の会話や訪れた場所を記憶し、次の会話に反映するなど、ロボの「成長」を実感できるのが特徴だ。価格は税別3万9800円で全国のトヨタの販売店で扱う。

人の表情を認識して感情を推定した上で話しかけたり、ネットワークを通じて取得した自動車や家の情報にもとづき会話をしたりする。座高は10センチメートルと手のひらサイズ。生産はパソコンメーカーのVAIO(バイオ、長野県安曇野市)が担う。

利用にはスマートフォン(スマホ)の専用アプリが必要で、月額利用料は300円程度を想定する。今冬には東京都と愛知県の一部販売店で先行して販売する。

キロボミニとスマホを近距離無線通信「ブルートゥース」でつなぎ、スマホがトヨタ側のサーバーと通信することで様々な会話やしぐさを実現している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン