/

この記事は会員限定です

富士フイルムHD社長、医療IT「2桁成長続ける」

[有料会員限定]

富士フイルムホールディングス(HD)の助野健児社長兼最高執行責任者(COO)は日本経済新聞の取材に対し、内視鏡や医療IT(情報技術)の分野で2桁成長を続けていく意向を示した。東芝の医療機器子会社の買収戦でキヤノンに敗れたものの、国内外で高い水準にある既存事業のシェアを引き上げる。再生医療や医薬品と併せてM&A(合併・買収)の機会をうかがい、医療事業の収益強化を急ぐ。

富士フイルムは医療用画像管理シ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り333文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン