/

NHK、放送・ネットの同時配信を実証実験 10月に

NHKは3日、テレビ放送をインターネットで同時に配信する実験を始めると発表した。まず10月19日~11月15日までの約1カ月間、首都圏で放送する総合テレビジョンの番組を流す。受信料収入という安定財源を持つNHKがネット事業を拡大することに対し、民放側からは懸念する声も出ている。

全国の視聴者1万人を上限に実験の参加者を募集する。スマートフォンやパソコンなどで全国で視聴できる。2015年度の実験は1回だけだが、16年度以降も継続的に実施する計画だ。

現在、災害情報など以外は放送と同時にネットでテレビ番組を配信することは放送法で認められていない。本格的なネット活用には法改正が必要になる。

3日の定例会見でNHKの籾井勝人会長は「既に海外では同時配信は行われている。日本もそういうときがくると予想している」と述べた。一方、ある民放の幹部は「国民からの受信料収入という圧倒的な財源があるNHKがネットサービスを拡大するのは、フェアな競争ではない」と警戒感を示す。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン