/

この記事は会員限定です

日銀新政策、管理相場強まり懸念 市場の機能阻害も

[有料会員限定]

日銀が世の中に大量のお金を供給する方法から長短金利の操作に金融政策の軸足を移す金融政策の新たな枠組みを導入してから10日あまり。3日に公表されたアンケート調査では、日銀が新政策の柱として導入を決めた10年物国債金利をゼロ%近辺に誘導する「イールドカーブコントロール」について47%の回答者が「金融市場の機能を阻害する」と回答。市場参加者の間では、日銀による管理相場の色彩の強まりを懸念する声が相次いでいる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り713文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン