移動式飲料水装置事業、東南アなど拡大 いちごHD

2014/10/5 23:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

淡水化装置ベンチャーのいちごホールディングス(仙台市)は移動式飲料水製造装置の東南アジアやオセアニアでの事業を拡大する。国際協力機構(JICA)と組み、ミクロネシア連邦で海水を飲料水にする装置を販売する。これまで中東など主に砂漠地帯向けに販売してきた。島が点在して飲料水の確保が難しい東南ア諸国などでも…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]