/

テンセントの決済サービス、クーポン配信など一括提供

中国のネット大手、騰訊控股(テンセント)は3日、決済サービス「微信支付(ウィーチャットペイ)」の新サービスを発表した。日本を含めた海外の小売店向けに、クーポン配信など販促機能を一括して提供する。店舗の集客力を高め、ウィーチャットペイの利用拡大につなげる。

新サービスについて説明するウィーチャットペイ国際事業総責任者の殷潔氏(右)(3日、都内)

ウィーチャットペイは9億人以上が利用し「中国版LINE」ともいわれるSNS(交流サイト)アプリ「微信(ウィーチャット)」の一機能。中国国内では中国の電子商取引(EC)最大手アリババ集団のアリペイをしのぐ。

新サービスの名称は「ウィープラン」。消費者にクーポンのほか、セールや商品情報など広告を配信し、来店を促す。中国人訪日客がウィーチャットペイを使って、日本で買い物をすれば自動的にその店舗の公式アカウントをフォローする機能も付けた。店舗はチャット機能を使い、継続的に中国人消費者と交流できる。

このほか決済サービスの加盟店を管理する代理店向けに、ネットを通じてウィーチャットペイの代理店登録ができるサイトも設けた。加盟店を効率的に増やすことで、利用店舗網を広げる。

中国人訪日客を対象にした決済手段では、アリペイや、銀聯カードなどがある。アリペイはローソンなど日本国内の利用店舗を2万店以上に広げており、中国人訪日客が増加する中、競争が激しくなっている。

ウィーチャットペイ国際事業総責任者の殷潔氏は「単純な決済だけでなく、店舗と消費者が交流したり、消費者同士が商品を勧めたりできるのが我々の強みだ」と話す。商品やセール情報の拡散力で競合と差をつける考えだ。

(安西明秀)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン