/

この記事は会員限定です

資生堂が「鬼門」米国で買収 魚谷社長、改革手応え

[有料会員限定]

資生堂は3日、米高級化粧品メーカーのガーウィッチ・プロダクツ(デラウェア州)を買収すると発表した。米国は資生堂にとって、いわば「鬼門」だ。2010年に約1800億円を投じて買った現地子会社が損失を計上し、米国事業は16年1~3月期も赤字。なぜ早くも攻めに転じるのか。その背景を探ると魚谷雅彦社長が構造改革に手応えを感じている様子がうかがえる。

過去に多額の損失

「米国の企業を買うとは意外だ」。国内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1270文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン