/

この記事は会員限定です

ツネイシ、インドネシアに造船所 ASEAN開拓

[有料会員限定]

【ジャカルタ=渡辺禎央】造船・海運のツネイシホールディングス(広島県福山市)はインドネシアに進出する。現地の有力企業グループと共同出資し、日本企業で初めて造船所を設ける。インドネシアでは新政権が海運インフラの整備を急ぐ方針だ。早ければ2016年に船の修繕から始め、19年にも建造に乗り出す。旺盛な東南アジアの貨物輸送需要などを取り込む。

造船所は数十億円を投じスラウェシ島ピンラン県に建設する。ツネイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り717文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン