/

「こち亀」9月で連載終了 40周年迎え、単行本200巻

都内の会見で「40年連載させてもらいありがたく思う」と語る作者の秋本治さん(3日)

集英社の「週刊少年ジャンプ」で1976年から連載が続く漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」が9月17日発売の42号をもって、終了することが3日、明らかになった。同日、東京都千代田区内でイベントに参加した作者の秋本治さんが明らかにした。

こち亀は主人公の警察官の両津勘吉が下町を舞台に繰り広げるギャグ漫画。時代の文化や遊び、最新の技術を盛り込むなどして、長きにわたり、幅広い世代から支持を集めていたが、連載開始から40周年の区切りを迎えたのを機に終了する。

秋本さんは「新たなことに挑戦したい」と語った。少年誌の連載では最多となる200巻目の単行本を17日に発売する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン