/

佐川、三セク鉄道で宅配便輸送 トラックを代替

佐川急便は今秋にも新潟県の第三セクター鉄道、北越急行(新潟県南魚沼市)が運行する「ほくほく線」で宅配便を輸送する事業を始める。トラックで運んでいた一部を鉄道輸送に切り替える。物流業界はドライバー不足が深刻な一方、三セク鉄道は利用者減が問題になっている。鉄道で乗客と一緒に荷物を運ぶことで、宅配便の配送網と地域交通の維持を狙う。

ほくほく線の六日町駅(新潟県南魚沼市)―うらがわら駅(同県上越市)の約46キロメートルの区間で1日1往復、宅配便の荷物を輸送する。両駅から佐川急便の配送センターに荷物を運び、そこから家庭などに配達する。

佐川急便はドライバーの採用が難しい地方でも輸送手段を確保できる利点がある。北陸新幹線の開業に伴い北越急行は在来線特急が廃止になり、利用者が減少している。鉄道で荷物を運ぶことで収入を確保できる。

公共交通機関で貨物を運ぶ「貨客混載」は国土交通省が民間に導入を促している。ヤマト運輸も宮崎県と岩手県のバス会社と組んで、路線バスで宅配便の荷物を輸送している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン