2019年9月19日(木)

10月のUSJ入場者、ハロウィーン効果で単月最高
TDL・TDSも

2015/11/2 20:21
保存
共有
印刷
その他

米国で定着した秋の収穫を祝う行事「ハロウィーン」が日本でも盛り上がってきたことを受け、テーマパークの10月の入場者が急増した。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)を運営するユー・エス・ジェイは単月としては過去最高の入場者を記録した。オリエンタルランドが手掛ける東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)も10月として過去最高に膨らんだ。

ゾンビに仮装した人たちが「スリラー」の曲に合わせ踊った(10月31日)

ゾンビに仮装した人たちが「スリラー」の曲に合わせ踊った(10月31日)

ユー・エス・ジェイが2日発表した10月の入場者数は前年同月比20%増の175万人だった。ハロウィーンのイベント効果で、関西以外から広域に集客し、全体を押し上げた。訪日外国人客も前年の2倍近くに伸びた。

昨年までは休日が中心だったイベント「ハロウィーン・ホラー・ナイト」を毎日開催し、夕方になると、大勢のゾンビが園内を歩き回る演出が話題を呼んだ。入場客参加型ショーも人気で、10月31日にはゾンビにふんした約3千人の入場客が曲に合わせて一斉に踊るイベントも催した。

森岡毅執行役員は2日開いた説明会で、「国内でのハロウィーン人気の高まりもあり、仮装の聖地はUSJとの認知が広がった。入場客の6割は何らかの仮装を楽しんでいた」と語った。人気アトラクションを刷新した映画「ハリー・ポッター」のエリアも引き続き好調だった。

オリエンタルランドも東京ディズニーランド(TDL)、東京ディズニーシー(TDS)合計の入場者数が10月としては過去最高だった。秋の定番イベント「ディズニー・ハロウィーン」では期間限定のパレードや仮装を楽しむ人らでにぎわった。雨天が少なく、好天に恵まれた点も後押しになった。

ユー・エス・ジェイの森岡氏は10月の入場者数について、TDLだけと比較して「ほぼ間違いなく、単月で初めて超えた」と述べた。TDRの過去の入場客数などを考慮したうえで、USJ独自にはじき出したという。オリエンタルランドは単月での入園者数を公表しておらず、USJとの入園者数の比較については「答えられない」(広報部)としている。

ハウステンボス(長崎県佐世保市)も10月の入園者数が前年を上回った。絵本「ウォーリーをさがせ」のウォーリーに仮装した人を集め、世界記録に挑むなどのハロウィーン関連イベントが人気を集めた。

■チケット4000枚を無効に USJ、不正転売確認分

ユー・エス・ジェイは2日、不正転売が確認されたチケット約4千枚を無効にしたことを明らかにした。11月1日に無効チケットを持ち込んだ客から11件のクレームを受けたが、事情を説明した上で使用を拒否した。2日も数件あったが、大きな混乱はなかったという。

転売業者がチケットを買い占め、ネット上で高額で取引されているのを食い止めるため、人気を逆手に取って昨年から急増していたチケットの不正転売を防ぐ対策を1日から始めた。インターネット上で不正に転売されたと確認したチケットを無効にして使えなくする。16日には転売チケットを購入して入園できなかった客の相談窓口を立ち上げ、転売業者への返金を求めるサポートなどを行う。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。