2018年11月18日(日)

国内新車販売、10カ月連続マイナス 10月4.1%減

2015/11/2 20:54
保存
共有
印刷
その他

自動車販売会社の業界団体が2日発表した10月の国内新車販売台数(軽自動車を含む)は、前年同月比4.1%減の38万89台だった。前年割れは10カ月連続。4月に軽自動車税が増税となった影響で、軽が10.8%減と苦戦した。独フォルクスワーゲン(VW)も前年同月の半分程度に落ち込んだとみられ、輸入車も10.1%減と2カ月連続のマイナスだった。

排気量660cc超の登録車は0.2%増の24万889台。2カ月ぶりに前年実績を上回ったが、微増にとどまった。日本自動車販売協会連合会は「昨年春の消費増税の影響がまだ続いている」という。

軽は13万9200台で10カ月連続で減少した。前年の販売競争や増税前の前倒し購入の反動が続いた。

総販売台数をブランド別でみると、国内の乗用車9ブランドのうちトヨタ自動車(レクサス除く)と三菱自動車だけがプラスだった。マツダは昨年秋に発売した小型車「デミオ」の需要が一巡し、12.5%減だった。スバルは13.6%減、軽の不振が続いたスズキは12.4%減となった。

外国メーカーの輸入車を示す「その他」ブランドは10.1%減で、特に小型車の販売が半減した。海外での排ガス不正問題が発覚したVWが苦戦した影響があったとみられる。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報