/

セブン&アイHD、鈴木会長の次男が取締役に

セブン&アイ・ホールディングスは2日、鈴木敏文会長(82)の次男、鈴木康弘執行役員(50)が取締役に就任すると発表した。康弘氏は5月下旬の株主総会を経て正式に就任する予定。今秋に本格的に開始するネットと実店舗を融合させた「オムニチャネル」戦略の責任者として事業を指揮していく。

セブン&アイは2014年12月、オムニチャネル戦略のシステム関連などを担当する部署を新設し、組織体制を強化した。新部署の責任者として新たに最高情報責任者(CIO)も設け、康弘氏が就任していた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン