JR東、最新技術に誤算 山手線新型車両トラブル
海外展開に黄信号

2015/12/2 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

山手線に投入した新型車両「E235系」のトラブルが東日本旅客鉄道(JR東日本)の成長戦略に黄信号をともしている。2日の記者会見で冨田哲郎社長は運転再開の時期を明言せず、「安心できる形で再投入する」と述べるにとどめた。最新のシステムを詰め込んだE235系はJR東日本の技術開発の象徴となるはずだった。その誤算は車両輸出など海外展開にも影を落としそうだ。

「初日に輸送トラブルが発生し、多くのお客様にご…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]