電通、社員の1割配置転換 労働環境改善策を発表

2016/12/2 20:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電通は2日、女性新入社員の過労自殺問題を受けて検討していた労働環境の改善策を発表した。2017年1月をめどに全社員の1割にあたる650人を仕事が集中する部署に厚く配置する。中途採用も拡大、上限を設けずに今月からまず60人の募集を始める。配置転換で各部署の業務量を平準化するほか、中途採用の増員で労働時間の短縮を目指す。

今回の施策は11月1日に立ち上げた労働環境改革本部でまとめた対策の第1弾。すべ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]