/

積水ハウス、土地購入で取引事故 最大63億円損失の可能性

積水ハウスは2日、東京都内のマンション用地購入で最大63億円の損失が発生する可能性があると発表した。購入代金を支払ったが所有者側の提出書類に不正があり、登記申請ができなかったという。所有者と連絡が取れないため犯罪に巻き込まれたとみて、捜査機関に被害を届け出た。2018年1月期通期の業績予想は他事業の伸びで吸収できるとして修正しない。

対象の不動産は東京都内の2千平方メートルの土地で、決済日は6月1日の予定だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン