/

ホンダの中国新車販売50.7%増 8月、6カ月連続プラス

【広州=中村裕】ホンダは2日、中国での8月の新車販売台数(小売台数)が、前年同月比50.7%増の7万8277台だったと発表した。前年を上回るのは6カ月連続。マツダも同1.2%増の1万5983台と7カ月連続で前年を上回った。景気減速で中国市場全体の販売が落ち込むなか、日系メーカーの健闘が目立つ。

ホンダは看板車種の多目的スポーツ車(SUV)「CR-V」が前年同月比で約3割増え、勢いを取り戻した。昨秋に相次ぎ投入したSUV2車種「ヴェゼル」と「XR-V」も好調が続く。1~8月の累計販売は前年同期比34.9%増の61万2276台だった。

一方、マツダは中型セダン「マツダ3アクセラ」が発売から1年以上たっているが、前年同月比40%増の6700台。1~8月の累計も前年同期比13.7%増の14万8482台だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン