ユニクロ、海外店舗数が国内上回る 11月末で

2015/12/2 19:10
保存
共有
印刷
その他

ファーストリテイリングは2日、ユニクロの海外店舗数が11月末で864店舗となり、国内(844店)を上回ったと発表した。中国で年100店の出店を続けるなど海外を拡大する一方、国内は840店程度で横ばいが続いている。2001年に海外1号店となる英国・ロンドンに出店してから14年で国内を超える店舗網を築いた。

海外では中国が400店を上回るほか、韓国で約160店を展開するなど東アジアで多店舗化が進んでいる。今年10月にはベルギーに出店し、進出エリアは16カ国・地域に広がっている。

同日発表したユニクロの11月の国内既存店売上高は前年同月比8.9%減だった。前年実績を下回るのは4カ月ぶり。中旬の気温が高く機能性肌着「ヒートテック」や上着など冬物衣料が振るわなかった。下旬に入り販売は回復したものの、落ち込みを補えなかった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]