/

サントリー「ザ・モルツ」、1カ月で年内目標の7割達成

サントリービールは2日、9月8日に発売した一般価格帯のビール「ザ・モルツ」の販売実績が9月末までに134万ケース(大瓶20本換算)に達したと明らかにした。2015年末までの約4カ月間で200万ケースの販売目標を掲げており、発売から1カ月弱で目標の7割近くを達成した格好だ。

134万ケースのうち約8割は缶で、コンビニエンスストアなど小売店を中心に好調な売れ行きを示している。発売前から人気ユニット「EXILE(エグザイル)」のメンバーを起用した大々的な広告戦略を展開し、発売後も店頭で積極的な販促策を打ち出したことが奏功している。

ただ、これまでは発売当初にみられる「一度試してみよう」という人が多かったことも背景にある。一方、主力の高級ビール「ザ・プレミアム・モルツ」の同時期の販売実績は前年に届いていないもようで、どのようにすみ分けするのかなどが今後の焦点となる。ザ・モルツは350ミリリットル缶で220円前後の一般価格帯のビールで、1986年から販売してきた「モルツ」の後継商品だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン