シャープ、ソフト会社をNTTデータに売却

2016/11/2 16:37
保存
共有
印刷
その他

シャープは2日、ソフトウエア開発などを手掛けるグループ会社、シャープビジネスコンピュータソフトウェア(SBC、大阪市)の株式の80%をNTTデータに24億4500万円で売却すると発表した。SBCを通じて、NTTデータとの協力関係を深め、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」関連事業の強化につなげる。

シャープ子会社のシャープビジネスソリューション(SBS、千葉市)が持つSBC株の80%を来年1月1日付でNTTデータに譲渡する。株式譲渡後、SBCは「NTTデータSBC」に社名変更する予定だ。

SBCは1979年の設立で、SBSの全額出資子会社。企業システム開発事業やスマートフォン(スマホ)など向けの組み込みシステム開発事業などを手掛けている。2016年3月期の売上高は約100億円、純利益は約4億円だった。

シャープは株式譲渡後にNTTデータと共同でSBCを運営するという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]