/

この記事は会員限定です

横綱は「インバウンド消費」と「妖怪ウォッチ」

MJ14年ヒット商品番付

[有料会員限定]

日本経済新聞社は2014年の日経MJヒット商品番付をまとめた。東の横綱には国内消費を支える存在の一つになった訪日外国人による「インバウンド消費」を選んだ。西の横綱は日本でのヒットをバネに海外市場にも飛び出す「妖怪ウォッチ」。大関もアニメ映画「アナと雪の女王」と、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)の新エリア「ハリー・ポッターinUSJ」が入り、国境や境界を越える商品・サービスが強さを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1480文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン