/

資生堂、顧客情報42万人分流出か 子会社に不正アクセス

資生堂は2日、化粧品子会社のイプサ(東京・港)の通販サイトに外部から不正アクセスがあり、顧客の個人情報が流出した可能性があると発表した。流出した可能性があるのはクレジットカード情報が最大約5万6千件。クレジットカード以外では氏名や住所、電話番号など約42万1300人分に上る。同社は謝罪するとともに、警察に報告した。資生堂の通販サイトとは別で、資生堂のサイトへの被害はないという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン