2018年11月22日(木)

東芝メディカル、カナダ社買収 医療IT化に照準

2016/11/2 13:05
保存
共有
印刷
その他

東芝メディカルシステムズ(栃木県大田原市)は2日、医療画像情報システムの開発や販売を手掛けるカナダのカロス・ヘルス(オンタリオ州)を買収すると発表した。カロス社は様々な医療データを閲覧しやすくするノウハウに強みを持つ。東芝メディカルはカロス社を傘下に収め、医療現場で高まるIT(情報技術)活用ニーズに応える。

カロス社は2006年の設立で、従業員数は約60人。米子会社のバイタル・イメージズ(ミネソタ州)を通じて買収する。買収額は数十億円程度とみられる。

臨床画像の処理・解析技術を得意とするバイタル社は、これまでもカロス社と欧米市場で協業していた。東芝メディカルの今回の買収で、アジアを含めたグローバル展開を加速する。

医療現場では診断画像や手術動画、カルテ情報などの多様な医療情報をデジタル化する動きが加速している。ただ、医療機関ごとにデータの形式が異なるケースが多く、複数の医療機関同士でデータを共有化するのが難しかった。カロス社はデータの規格や形式にこだわらずに、診断画像などのデータを閲覧できるシステム構築で実績が豊富という。

東芝メディカルに対しては、キヤノンが今年3月に買収することを決めており、現在は独占禁止法に基づく審査が各国で進んでいる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報