2019年6月17日(月)

ジョブズ後4年のアップル 薄れゆく「革新」への期待

2015/10/5付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米アップルの創業者、スティーブ・ジョブズ氏が死去して今日で4年になる。カリスマが会社を去れば株価は2割下落し、経営が揺らぐ。そうした予想がかなりあったが、はずれだ。

株価はおおむね右肩上がり。2月には米国で初めて時価総額が7000億ドル(終値)を超えた。世界で最も価値ある会社の座を守る。4~6月期の売上高は4年前の1.7倍、純利益も1.5倍になった。

記録的な成績だが、イノベーションの担い手とし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報