日立、羽田でロボ実証実験 空港施設を案内

2016/9/2 11:27
保存
共有
印刷
その他

羽田空港での実証実験を前に、案内の実演をする人型ロボット「EMIEW3」(2日午前)

羽田空港での実証実験を前に、案内の実演をする人型ロボット「EMIEW3」(2日午前)

日立製作所は2日、羽田空港でヒト型ロボット「エミュー3」の実証実験を始めた。外国人を含む空港の来場者に空港施設を案内する。12月までの実験を通じて、混雑した雑音が多い場所で正確に反応するかといった点を検証し、改良につなげる。2018年度の商用化を目指しており、駅や商業施設などにも売り込む方針だ。

実証実験では2台のロボットが連携して道案内をしたり、日本語と英語で接客したりする。羽田空港国内線第2旅客ターミナルでの同日の発表会では、「お土産を買いたいのですが」と話しかけた人に、エミュー3が「地下1階に売り場があります」などと対応した。

羽田空港での実証実験前のデモンストレーションで、外国人を案内する人型ロボット「EMIEW3」(2日午前)

羽田空港での実証実験前のデモンストレーションで、外国人を案内する人型ロボット「EMIEW3」(2日午前)

日立製作所の佐藤寛執行役専務は同日、「実証実験の結果など踏まえ、東京五輪・パラリンピックに向けてサービスを具体化したい」と話した。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]