株2万円支える「半導体ブーム」 企業の成長けん引

2017/6/2 10:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日経平均株価が1年半ぶりに2万円の大台を回復した。終値で2万円を超えたのは2015年12月1日。その日から17年6月2日午前9時10分時点までの日経平均採用銘柄の騰落率を見ると、上位には半導体関連株がずらりと並んだ。家電などあらゆる機器がネットにつながる「IoT」革命を背景とした世界的な半導体ブームが日本株の上昇をけん引している。

■東エレクは1年半で株価が倍増

上昇率トップは半導体製造装置メーカ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]