/

シャープ本社ビル売却、ニトリと交渉 商業施設に

シャープは入札手続きを進めている大阪市阿倍野区の本社の売却を巡り、ニトリホールディングスと交渉に入った。シャープは経営再建のため、本社地区にあるビルを売却する方針。本社ビルは商業施設向けに売却し、ニトリは店舗として使うことを検討している。

本社地区には本社ビル(敷地面積約1万3千平方メートル)と、本社ビルの向かいにあり液晶事業部門などが入る田辺ビル(同1万1千平方メートル)の2つのビルがある。既に田辺ビルはNTTグループの不動産会社、NTT都市開発に売却する方針を固めており、高層マンションができる見込みだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン