/

この記事は会員限定です

鈴木セブン&アイHD会長「創意工夫生かす職場に」

老いに克つ(1)

[有料会員限定]

年中無休のため顧客も働き手も若者の印象が強いコンビニエンスストア。最大手のセブンイレブンがシニアの働き手を増やしている。超高齢化時代を迎え、流通業の働き方をどう変えるのか。グループにスーパーや百貨店も抱えるセブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者(CEO)に聞いた。

――短い時間でも働ける仕組みを作りシニア従業員を増やしている。

「表層的な仕組みづくりではなく、自分の意見を反映...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1098文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン