/

この記事は会員限定です

「民営の関空」離陸 稼げる空港へ事業モデルづくり

[有料会員限定]

関西国際空港と大阪国際(伊丹)空港が1日、民営化された。運営するのはオリックスと仏空港運営会社のバンシ・エアポートなどが出資する関西エアポート(大阪市)。契約期間は44年で民間企業による大規模空港の運営は初めて。商業施設の充実や格安航空会社(LCC)の新規誘致などを進め、「稼げる空港」としての新たな事業モデルづくりを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り160文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン