2019年2月23日(土)

日本勢11品目でシェア首位 15年調査、先端部品・素材強み

2016/7/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社は3日、2015年の世界の「主要商品・サービスシェア調査」をまとめた。対象55品目のうち、11品目で日本企業が首位だった。ソニーのカメラ用センサーや東レの炭素繊維など、市場をリードする先端部品や素材で一段とシェアを高めた。一方、監視カメラや太陽電池など市場が急拡大している分野では中国勢の躍進が目立った。

日本勢ではスマートフォン(スマホ)の写真・動画撮影などに使われる「CMOS(相…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報