スマホゲーム課金、アイテムが当たる確率表示へ

2016/4/2 7:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ゲーム会社が加盟するコンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、4月中にスマートフォン(スマホ)ゲームの指針を改定する。「ガチャ」と呼ばれる有料のくじ引きでアイテムなどを購入する仕組みについて、全てのアイテムごとに当たる確率を表示するよう求める。一部のゲームで確率の不正操作の指摘が出たことに対応する。

発端はサイバーエージェント系のサイゲームスが配信する人気ゲームの「グランブルーファンタ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]