東電、JXTGと川崎に火力発電 1200億円投資
都市ガス製造設備も

2017/9/2 1:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力ホールディングスとJXTGホールディングスが電力・ガス事業で提携することが1日わかった。電力と石油の最大手が組み、共同で川崎市に大型の火力発電所を建設。都市ガスの製造設備もつくる。電力とガスでは小売りの全面自由化が始まり、業種の垣根を越えた合従連衡が激しくなってきた。

共同で出力130万キロワットの液化天然ガス(LNG)火力発電所を川崎市の東扇島に建設する。投資額は約1200億円。建設に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]