/

この記事は会員限定です

トヨタ、新工場のCO2半減 生産段階から環境対応

日産は工業用水15%減

[有料会員限定]

トヨタ自動車はメキシコの新工場で、二酸化炭素(CO2)排出の半減という大規模削減策に取り組む。日産自動車は水資源枯渇問題に対応し、工業用水の削減を打ち出した。自動車大手は電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)などエコカー拡充を急いできた。今後は走行時だけでなく製造から一貫した環境負荷の削減を世界の拠点で加速させる。

トヨタはハイブリッド車(HV)、EVに続き、走行時に水しか排出しないFCVを販売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り900文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン