/

NHK会長「契約にマイナンバー活用、積極的に検討」

NHKの籾井勝人会長は1日の記者会見で、受信契約活動に税と社会保障の共通番号(マイナンバー)制度を活用することについて「積極的に検討したい。マイナンバーを使えばもっと便利になるのではないか」と話した。

自民党の「放送法の改正に関する小委員会」が受信料の支払い義務化を提言したことについては「(義務化は)一つの方策だが、実現するためには克服しないといけない課題もある」と慎重な見方を示した。その上で「今年度内に我々として(受信料制度について)のアイデアを出したい」と述べた。

値下げについては「新社屋の建設など不透明な面もあるが、お金が余ったら値下げをするのはNHKの宿命」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン