2018年8月14日(火)

太陽光発電、宴のあと 未稼働560万世帯分失効

2017/5/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 東日本大震災後に急拡大した太陽光発電が岐路に立っている。高額で売電できる権利を保有するだけで、ビジネスを手掛けない事業者を排除する法改正が4月に施行。合計2800万キロワットの発電計画が失効した。一般家庭の約1割、560万世帯の消費電力分に相当する。宴(うたげ)の終わりと、再生可能エネルギー普及の難しさが改めて浮き彫りになった。

 太陽光発電会社、エンブルー(東京・千代田)はこのほど群馬県でのメガ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報