/

この記事は会員限定です

衛星測位、米中欧が先行 日本は精度で巻き返し

[有料会員限定]

全地球測位システム(GPS)の軍事利用を大前提としていた米国が2000年ごろ、民間向けの精度を意図的に落とすのを取りやめ、人工衛星による測位は急速に普及した。近年は中国、ロシア、欧州が衛星を精力的に増強。日本が23年に目指す7基体制も、世界的には出遅れ感がある。

急速に台頭しているのは中国だ。中国版GPS「北斗衛星導航系統」はアジア太平洋地域で運用が始まり、約20基の衛星が配備されているとみられ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン