生理用品の販売差し止めを要求 花王が大王製紙に

2017/5/1 20:44
保存
共有
印刷
その他

花王は1日、大王製紙の生理用品「elis(エリス) Megami 素肌のきもち」の販売差し止めを求める仮処分を東京地裁に申し立てたと発表した。消費者が店頭で花王の生理用品「ロリエ エフ しあわせ素肌」と、「エリス」を誤認するケースが相次いでおり、自社製品の販売に悪影響が懸念されるためとしている。

「エリス Megami 素肌のきもち」は今年3月、大王が発売した。花王によると、パッケージのデザインがロリエと似ており、消費者から紛らわしいとの声が寄せられていたという。

花王は当初、大王にデザイン変更や販売停止を求めたが、大王側が応じなかったため仮処分申請に踏み切った。花王の「ロリエ エフ」は2004年に販売を開始。肌触りの良さが特徴という。

花王は「知的財産権を保護するため、毅然とした態度で臨む」という。大王は「訴状が届いていないため、コメントできない」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]