/

佐川も大口値上げへ 平均1%目標、消費者向けは据え置き

SGホールディングスは1日、子会社の佐川急便の宅配便事業について、大口顧客向けの運賃を引き上げる方針を明らかにした。人手不足による人件費高騰を背景に、最大手のヤマト運輸と同様、割引料金を適用している大口顧客にコストに見合った運賃を求める。

同日開いた2017年3月期決算の記者会見で、笹森公彰執行役員が大口顧客との契約について「適正な運賃を受け取る交渉を進める」と述べた。

18年3月期は荷物1個当たりの平均単価を前期より7円(1%)高い518円程度に上げることを目指す。割引料金の適用で採算が悪化しているインターネット通販会社などが対象となるとみられる。カタログ通販の千趣会は「要請は受けている。対応については検討中だ」と述べた。

佐川の宅配便の荷主はほとんどが法人のため、消費者向けの基本運賃の引き上げは見送る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン