/

JDI、「公約」また守れず 3期連続最終赤字に

ジャパンディスプレイ(JDI)は1日、2017年3月期の連結最終損益が317億円の赤字(前の期は318億円の赤字)だったと発表した。繰り延べ税金資産の取り崩しと為替差損が響き、3期連続の最終赤字となった。本間充会長は2月8日の決算説明会で「今期(17年3月期)は最終黒字化を必ずやり遂げるという一心で事業経営にまい進する」と発言していた。業績予想の下方修正を繰り返してきたJDIは、また「公約」を守れなかった。

売上高は前の期比11%減の8844億円だった。最大顧客の米アップルの「iPhone」向けの液晶パネルの受注減が響いた。同社が注力していた中国のスマートフォンメーカー向けのパネル出荷もアップルの穴を埋められなかった。営業利益は11%増の185億円だった。16年3月期に実施した中国工場の統廃合や早期退職優遇制度などの固定費削減が一定の成果をあげた。

14年3月の上場以来、JDIは毎年のように大幅な業績予想の下方修正を繰り返してきた。5月1日の下方修正発表に市場関係者からは「またか」との声が漏れた。2月1日には同社にとって初めての業績予想の上方修正を発表しており、本間会長が17年3月期の「最終黒字化」を宣言していただけに300億円を超える赤字額に落胆も大きかったようだ。

同社は3月22日に本間会長ら現行の経営陣の刷新を発表。6月下旬の株主総会後に、パナソニックソニーの有機EL事業を統合したJOLED(ジェイオーレッド)の東入来信博社長がJDI社長を兼務する。株式市場に定着しつつある「オオカミ少年」との汚名を返上できるか。新経営陣には公約を守る「実行力」が求められる。(細川幸太郎)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン