/

大手百貨店、11月は4社減収 コート好調も高額品低調

大手百貨店5社が1日発表した11月の売上高(既存店ベース、速報値)は5社中4社が減収だった。気温が低かった影響で婦人・紳士コートが売れたものの、宝飾品や時計など高額品は低調だった。前年に比べ日曜日が1日少ない面もあるが、長引く消費低迷で百貨店を取り巻く状況は厳しさを増している。

三越伊勢丹は前年同月比2.7%減だった。主力の衣料品は伊勢丹新宿本店(東京・新宿)など旗艦3店で婦人コートが5%増、紳士コートが約15%増の一方、婦人ジャケットは1割減で商品によってばらつきが出た。宝飾品や時計は苦戦しており、インバウンド(訪日外国人)売上高は15%減った。

そごう・西武は4.7%減でジャケットやニットなどの衣料品が伸び悩んだ。4.4%減だった大丸松坂屋は、婦人服については13カ月ぶりにプラスに転じたが「消費者の節約志向は変わらず、この傾向が続くかは不透明」としている。

阪急阪神百貨店はインバウンドの落ち込みを婦人コートやジャケットが補い、全体では1.4%減だった。好調の化粧品に加え、マフラーや帽子などの雑貨も売れた。100万円以上の商品は前年並みだが「時計の低迷を婦人バッグが下支えしている」(阪急阪神百貨店)という。

唯一の増収は高島屋で1.3%増。腕時計を専門に扱う「ウオッチメゾン」が開業した大阪店(大阪市)が3.7%増とけん引した。インバウンドは化粧品売上高が2倍になるなど好調が続き、9.2%増えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン