2019年1月21日(月)

沢井製薬、米国での後発薬参入遅れる見込み

2017/2/1 19:53
保存
共有
印刷
その他

沢井製薬は1日、米国での後発薬市場への参入が当初予定の2017年から大幅に遅れる見込みだと発表した。第1弾に予定していた脂質異常症の治療薬「ピタバスタチン」を巡り、興和と日産化学工業から訴えられていた特許侵害では和解契約を結んだものの、発売時期が23年以降にずれ込む見込みという。

ピタバスタチンは血中のコレステロール量を減らす仕組み。原薬は日産化学工業が製造し、米国の販売権は興和が持つ。沢井製薬が14年に米食品医薬品局(FDA)に医薬品簡略承認を申請し、受理されたことを受け、興和などが特許権の侵害を主張していた。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報