/

民放も4K・8Kの試験放送開始

民放や電機メーカーなどでつくる業界団体、放送サービス高度化推進協会(A-PAB)は1日、高精細の4K・8Kの試験放送を始めた。技術的課題の解消などを狙う。総務省は2018年の実用放送開始を目指しているが、4K・8Kに対応した受信機が市販されていないなど課題は多い。

試験放送はBSを使う。4K・8Kに対応した受信機はまだ市販されていないため、全国のNHKの放送局などにある専用テレビで見られる。自然や歴史などの番組を編成し、一部の番組では字幕や解説付きで流す予定だ。すでにNHKは8月に4K・8Kの試験放送を始めていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン