/

この記事は会員限定です

「無印良品」大型総合店を郊外にも 20年度100店

[有料会員限定]

生活雑貨店「無印良品」の良品計画は通常の2倍以上の広さを持つ大型総合店の出店を加速する。現在は東京・有楽町など大都市を中心に14店を構えるが、郊外にも広げて2020年度に100店体制にする。売れ筋の加工食品や化粧品を充実させ大型家具なども販売する。カフェや書店も導入するなど総合化により集客力を高め、郊外で大型店を展開するニトリやホームセンターに対抗する。

「無印良品」が今後展開する大型総合店は売り場面積が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り529文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン