2019年1月20日(日)

脳梗塞治療薬を米で共同開発 大日本住友など、20年販売目指す

2015/10/2付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大日本住友製薬とバイオベンチャーのサンバイオ(東京・中央)は2020年の販売を目指し脳梗塞の新型治療薬を米国で共同開発する。健康な人から採取した細胞を使い、脳の機能を回復させる。製品化が実現すれば世界でも最新の治療薬となる。近く、米国で150人の患者を対象に臨床試験(治験)を始める。

脳梗塞を起こすと脳への酸素や栄養の供給が滞り細胞が傷つく。脳の細胞は一度損傷すると元に戻らないので、まひなどの後…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報