/

ユーグレナ、航空機燃料の実証工場着工

ミドリムシを使った製品を手掛けるユーグレナは1日、航空機燃料の実証工場の起工式を開いた。航空機向けのバイオ燃料では国内初の工場となる。2020年の東京五輪・パラリンピックまでにミドリムシ由来の燃料を飛行機に搭載し、商業飛行の実現を目指す。

ミドリムシ由来燃料を搭載したバスに乗る関係各社の代表者(横浜市)

同日、横浜市で開いた起工式で出雲充社長は「ここで失敗すれば再挑戦する機会は回ってこない。計画遅延や事故がないように最善を尽くす。すでに設計と並行して資材調達や人材集めもできており、遅れはない」と強調した。18年10月末に完成し、19年中にフル稼働させる予定だ。

工場の建設を担う千代田化工建設は5月末にユーグレナへの3億円出資を決めた。「エネルギーと環境の調和を目指すという当社の理念と一致しており、今回の工場建設以外でも幅広く協業していきたい」(千代田化工の長坂勝雄副社長)としている。

この工場ではディーゼル燃料も精製。いすゞ自動車とバイオディーゼル燃料の実用化に向けて共同研究を進めている。いすゞの奥山理志執行役員は「環境に優しい車を目指すなかで、燃費だけではなく新しい燃料も必要になってくる」と期待を寄せる。

実証事業を踏まえ、2020年以降の商用化を目指すが、課題はコストだ。実証事業で生産できる燃料のコストは1リットル1000円以上で、石油由来燃料の10倍超。全日本空輸の高田直人取締役執行役員は「燃料代が上がれば顧客の負担増にもなりかねない。コスト面も実証事業で検証していきたい」と述べた。

工場は旭硝子の京浜工場内の敷地を借りて建設する。設備投資額は58億円。年間125キロリットルの生産能力となる見通し。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン