ANAとHIS、宇宙旅行めざしベンチャーに出資

2016/12/1 15:56
共有
保存
印刷
その他

 ANAホールディングス(HD)とエイチ・アイ・エス(HIS)は1日、宇宙機開発ベンチャーのPDエアロスペース(名古屋市)に出資、資本提携したと発表した。出資額はHISが3000万円(出資比率10.3%)で、ANAHDが2040万円(同7%)。PDエアロスペースは宇宙旅行などの商業運航を2023年12月に始めることを目指す。

記者会見に臨む(左から)エイチ・アイ・エスの沢田会長兼社長、PDエアロスペースの緒川社長、ANAホールディングスの片野坂社長(1日午後、東京都港区)
画像の拡大

記者会見に臨む(左から)エイチ・アイ・エスの沢田会長兼社長、PDエアロスペースの緒川社長、ANAホールディングスの片野坂社長(1日午後、東京都港区)

 PDエアロスペースは07年に設立、繰り返し使用できる旅客機のような宇宙機を開発している。大気中で進むジェットエンジンと空気のない宇宙空間の航行で必要なロケットエンジンの2つの機能をひとつのエンジンに組み込むことで、構造を簡略化しコストを低減するという。

 現在はエンジンのほか無人機による機体制御など要素技術を開発・検証中で、最終的には有人機を量産する計画。緒川修治社長は三菱重工業で支援戦闘機、アイシン精機で自動車部品の開発に携わったエンジニアだ。

 商業運航が実現した際にはANAHDが航空事業の知見を生かして宇宙機の運航を支援し、HISが旅行や輸送サービスの販売を担う。旅に関わるノウハウを豊富に持つ大手2社の後押しで、事業化を加速する。

宇宙輸送事業について説明するPDエアロスペースの緒川修治社長(1日午後、東京都港区)
画像の拡大

宇宙輸送事業について説明するPDエアロスペースの緒川修治社長(1日午後、東京都港区)

 1日午後、都内で3社のトップが記者会見した。PDエアロスペースの緒川社長は「宇宙をもっと身近にしたい。宇宙を通じて人類により良い生活を提供する」と説明した。HISの沢田秀雄会長兼社長は「開発の速度を上げていくには資金が必要。大きな夢をかなえるために色々な人が協力していかないといけない」とした。

 ANAHDの片野坂真哉社長は「(PDエアロスペースの)工場を見せてもらった。社員が開発に没頭している姿に感動した。何としても応援したいと思った」と話した。同社は今年4月に先端技術の事業への取り込みを目的とした組織「デジタル・デザイン・ラボ」を立ち上げた。ソフトバンクグループのヒト型ロボット「ペッパー」を空港の案内で試験導入するなど、効率化やサービス品質の向上策を模索している。PDエアロスペースとの提携も同組織が携わった。

(比奈田悠佑)

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:01
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:02
6:01
関西 6:05
6:01
中国 7:01
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
12:59
10:33

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報