/

この記事は会員限定です

三菱マテリアル、中国人強制連行で和解 最多3千人以上対象

[有料会員限定]

第2次世界大戦中に強制連行され過酷な労働を強いられたとして中国人元労働者らが損害賠償と謝罪を求めている問題で、三菱マテリアルが1日、3千人以上と和解に合意したことが分かった。日本企業による戦後補償の対象者としては過去最多となる。

三菱マテリアルによると、同日午前に北京で関連文書に署名した。同日午後に被害者団体が中国で記者会見し、同社もコメントを発表する予定だ。ただ一部の被害者団体とは合意に至ってお...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り226文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン