/

この記事は会員限定です

兼松、インドネシアで食品工場稼働へ

[有料会員限定]

【ジャカルタ=花井悠希】兼松はインドネシアで現地大手チモリーグループとの合弁食品加工工場を今夏にも本格稼働する。総菜など約100品目を生産し、年内をメドに人員を現在の3割増の80人程度に増やす。同国では日系スーパーや飲食チェーンの進出が相次いでいる。日本式の安全加工やイスラム教の戒律に沿った「ハラル」に対応し、将来的には東南アジアの他地域にも進出する。

合弁工場はジャワ島西部のバンテン州に位置し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り200文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン