/

この記事は会員限定です

トヨタ、ロボ開発2社買収交渉 米グーグルから

[有料会員限定]

【シリコンバレー=小川義也】トヨタ自動車が米グーグルからロボット事業の中核子会社2社を買収する方向で詰めの交渉に入ったことが31日、明らかになった。トヨタはロボットを将来の成長を担う事業のひとつと位置付けている。2社の人材を活用してロボットの開発体制を大幅に強化。自動運転技術などへの応用も視野に入れる。

売却交渉を進めるのは米ボストン・ダイナミクスと東京大学の出身者が設立したSCHAFT(シャフト)の2社。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り707文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン