商船三井、世界最大のコンテナ船 6隻就航へ

2015/3/2付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

商船三井は世界最大のコンテナ船を2017年に就航させる。アジアと欧州を結ぶ航路に一気に6隻を投入する。コンテナを2万個積載でき、小規模船と入れ替えることで年間300億円のコスト削減をめざす。一度に大量の貨物を運べるようにする大型化は運航効率向上のカギを握る。商船三井はコンテナ船の大型化で先行する。

国内造船最大手の今治造船と韓国のサムスン重工業に発注する。現在は中国やスイスの海運会社が運航する長…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]